あぼぼノート

頭の中空っぽ

『ライト、ついてますか』を読んだ

f:id:aboy_perry:20190807000134p:plain

人生や仕事は「問題」の連続です。この本には、問題をどう発見するのか、どう定義するのか、どう解決するのかについてのヒントがたくさん詰まっているなーと思いました。

この本にはこれらの「標語」のようなものがいくつも出てきます。

問題によっては、それを認識するところが一番むずかしいということもある(p55)


結論に飛びつくな、だが第一印象を無視するな(p62)


他人が自分の問題を自分で完全に解けるときに、それを解いてやろうとするな(p89)


もし人々の頭の中のライトがついているなら、ちょっと思い出させてやる方がごちゃごちゃいうより有効なのだ(p104)

この標語だけを見ていくのでも楽しめるのですが、この本では各章、各部がそれぞれケーススタディのようになっていて、その中身こそが重要です。


  • 「誰の問題か?」
  • 「問題は何か?」
  • 「この問題はどこからきたのか?」

という問いが、本全体で何度も繰り返されます。それゆえ重要な問いで、問題を正確に見極めるには不可欠な問いだと思います。

翻訳は少し読みづらいところもあったんですが、内容はよかったです。会社のCTOに教えてもらった本なので、CTOにお礼を言っとこうと思います。