あぼぼノート

頭の中空っぽ

『プロダクトマネジメント―ビルドトラップを避け顧客に価値を届ける』を読んだ

プロダクトとは価値を顧客に運ぶことで、プロダクトマネージャーはプロダクト戦略をたてる。なぜこのプロダクトをつくっているのか、どんなアウトカムを生み出すのかをチームが忘れないようにする。

アウトプットではなくアウトカム志向で、というのはなるほど〜と思った。

組織やプロダクトマネージャーのアンチパターン(というかプロダクト主導じゃないパターン)が書かれてあってあの会社はどれに当てはまるかな、あの人はどうかな、とか考えながら読める。

プロダクトマネージャー、プロジェクトマネージャー、プロダクトオーナーの違いがわかる。

後半はもっと面白い。価値を顧客に運ぶためにチームメンバーやステークホルダーがどう思考してどう実験していくかのストーリーが面白い。プロダクトにとっての顧客に価値を運ぶことに直接関係のないことが一切出てこないのが最高だった。スクラムイテレーション〜やレトロスペクティブ〜みたいな話が出てこずひたすらアウトカム志向でどう顧客の課題を知りどう実験していくかに集中できる本。

www.amazon.co.jp