あぼぼノート

頭の中空っぽ

若月佑美卒業セレモニーで若様を見送ってきた

12月4日、会社の大イベントで夜勤をしていたのでお昼頃に家に帰り疲れまくっていたものの、夕方頃家を出て武道館に向かい、若様を見送ってきた。

www.nogizaka46.com

席は2階の真ん中あたり。決していい席とは言えないが、落選した人に比べれば行けるだけ幸せだ。というか席はもはやどこでもいいから行きたかった。多分ファンみんなそういう気持ちだと思う。

日本武道館でライブを見るのは初めてだ。東京ドームや神宮球場とは違って、ステージが近くに見える。それだけメンバーの姿もよりくっきり見えるので、ライブが始まる前から興奮していた。

19:00になり、影ナレが始まった。誰だかわからないけど泣いていた。泣きながらもハッキリとナレーションしていたのが印象的だった。後の自己紹介で、それは美月だということがわかった。影ナレは、美月、梅ちゃん、たまちゃんの3人が担当した。若月軍団の3人だ。

影ナレが終わってしばらくして、ライブが始まった。はっきりとは覚えてないけど、最初は暗転からのOvertureだった気がする。そのあとは、ダンサーみたいな人たちが踊って、真ん中から若様が登場した。ロボットダンスだった。若様のキャラ渋滞を引き起こしたキャラの1つである。そうか、今日は若様の色んなキャラが見れるんだな、そう思った。

もうあまり覚えてなくて時系列で書けないのでここからは感想。

普段のライブでは聞けないような曲がたくさん聞けたので新鮮だった、とくに私のような新参者からすると。あと途中途中に乃木どこや乃木中の映像が流れてて普通に面白かった。レズロボットのくだりとか。

手紙も最高だった。若様らしい文章だった。

あとは最後の最後、ステージ裏にはけるときの「やっぱ若月だな!」「(会場全体で)だな!」は感動したし、そのあと若様が泣きそうになっているのを見てたまらなくなった。

・・・と、ポイントポイントで何度か泣いたところはあったが、私が一番感動したのは、セレモニー全体をとおして感じられた若様の二期生に対する愛情だ

曲のチョイスもそうだし、若様のコメントもそうだし、二期生のコメントからも、若様が普段から二期生に対して愛情深く接していたことがわかり、それでもう私は胸がいっぱいになった。

というのも、ファンのみなさんならわかるだろうけど、二期生に関しては各所で不遇だと言われている。これからだというときに加入したものの、一期生の壁が厚く、なかなか歯がゆい時期が長く続き、そして気づいたら入っていたフレッシュな三期性。

蘭世もセレモニー中、「二期生に対して(ファンのみなさん)色々と思うことがあるかもしれないですけど・・・」というようなコメントをしていて、やっぱり二期生本人たちも歯がゆい思いをしているのかなと感じた。

この卒業セレモニーでは若様をはじめとした一期生が、二期生に対して以前から、そして普段から愛情深く接している様子を知ることができた。若様の卒業セレモニーではあるが、なんだか二期生が救われたような気がした。

とても安心した。やっぱ若月だな、やっぱ乃木坂だな、と思った。

若月佑美さん、7年間ほんとうにお疲れ様でした。