あぼぼノート

頭の中空っぽ

iOSDC 2018 Reject Conference days1 参加レポ

1週間ほど空いてしまいましたが、先週 iOSDC 2018 Reject Conference days に参加してきました。

iosdc-reject-conference.connpass.com

DeNAさんでの開催でした。エントランスは綺麗でした〜。

f:id:aboy_perry:20180925012035j:plainf:id:aboy_perry:20180925012107j:plainf:id:aboy_perry:20180925012119j:plain

発表枠での参加ではないため、聞いたトークの雑感レポになります。

Make our Swift better

実際に自身が考えた改修案が、Swiftに取り込まれるまでのお話。すげ〜。

考案してからacceptされるまでに約6ヶ月かかったそうです。実フローの話は貴重ですねー。

ちなみに提案したDictionaryのメソッドは、Swift 5で使えるようになるそうです!やったね。

エンジニア経験を活かしたスクラムマスターとして 開発チームとプロダクトを成長させる

エモいタイトル!

スクラムの話ですが、私はというと現在アプリの仕事ではウォーターフォールを経験しています。ただ並行でリーダーをやっているAPI開発ではスクラムを目指しているため、興味がありました。

こういう系の発表を聞いていて思うのは、やっぱり一つの正解というのはなくて、チームにフィットした形を見つけることが大切なんだな〜と。

私もやっていきたい。いや、やっていくぞ。

RxTest/RxBlockingテストパターン

私も仕事ではRxSwiftを使っているので、他の方がどうやって書いているのか知れれば、と思い聞いていました。

スライド内ででてきたViewModelの書き方が私の書き方と似ていて、勝手に親近感が。でもRxで書くとだいたいああなる気がします。

TestSchedulerでのテストは書いたことがなかったので、とてもタメになりました。

制約のなかでContainerViewControllerを作る方法

最近とても複雑な画面を目にし、案の定実装もかなり複雑だったため、ContainerViewを使った実装やMicroViewControllerに興味がありました。

画面は作ってオワリではないので、複雑な画面ほど、保守性を意識して実装したいところです。

実際にTwitterぽいUIを作る上での試行錯誤が聞けたので、実用的な話として参考にしたいです。

おわりに

iOSDC 2018はcfpの数がとても多かったみたいで、リジェクトされた中にも素晴らしい発表がたくさんあったかと思います。

そんな発表に巡り会えるReject Conferenceはほんとに貴重です。

所用で懇親会の前に帰りましたが、とても楽しめました!関わった皆さんお疲れ様でした!ありがとうございました!